コンテンツにスキップする

サムスン電子:10-12月純利益は予想下回る-半導体の需要悪化で

更新日時
  • 10-12月純利益は8.3兆ウォン-市場予想10.2兆ウォン
  • 半導体メモリーの需要鈍化やスマホ販売減少などが響いた

韓国サムスン電子の昨年10-12月(第4四半期)の利益はアナリスト予想に届かなかった。顧客が支出を削減する中、半導体メモリーやスマートフォンの需要が悪化しつつあることが示された。

  31日の届け出によれば、純利益は8兆3000億ウォン(約8100億円)に減少。ブルームバーグが集計したアナリストの予想​​平均は10兆2000億ウォンだった。

  サムスンによると、半導体メモリーの需要鈍化、スマホ販売減少、ディスプレー部門の利益率悪化が響いた。また、今回の決算では世界経済の減速や米中貿易摩擦の影響が浮き彫りになっているが、サムスンはコスト抑制のために設備投資を削減している。

  ハナ金融経営研究所の半導体アナリスト、イ・ジュワン氏は「半導体市場ではサムスンと顧客の間で綱引きが起きている」と指摘。「顧客は再び購入し始める前にさらに価格が下落するのを待っているが、サムスンは価格急落を防ぐため供給を抑制しようとしている」と述べた。

Samsung shares rise on hope for better future even as memory prices slide

  営業利益は10兆8000億ウォン、売上高は59兆3000億ウォン。今月発表した暫定集計とほぼ一致した。スマホ部門の営業利益は1兆5000億ウォンと、前年同期の2兆4000億ウォンから減少した。

  2018年の半導体の設備投資は23兆7000億ウォン。同社は昨年10月に24兆9000億ウォンになるとの見通しを示していた。

原題:Samsung Net Income Misses Estimates as Chip Demand Slides (2)(抜粋)

(3段落目以降に背景やコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE