コンテンツにスキップする

1月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルが4カ月ぶり安値-FOMCがハト派寄り姿勢

  30日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ブルームバーグのドル指数は一時、昨年9月以来の低水準を付けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表がハト派寄りだったことを受けた。FOMCは声明で、将来の政策金利調整において「辛抱強くなる」と表明。またバランスシートの縮小については柔軟に対応する考えを示唆した。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時0.6%低下。ドルは主要10通貨全てに対して値下がりした。一方で高ベータの資源国通貨は上昇した。

  ニューヨーク時間午後4時45分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%低下。ドルはユーロに対して0.4%安の1ユーロ=1.1479ドル。対円では0.3%下げて1ドル=109円03銭。

  FOMCは声明で、「落ち着いた」インフレ圧力を指摘。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は記者会見で、今年の経済成長について引き続き底堅く推移すると予想しつつも、力強い米経済と国外の不確実性が相反する中で、「視界が一段と良くなる」まで辛抱強く待ち、政策運営では経済データに依存するという「常識的な」アプローチを用いると語った。

欧州時間の取引

  欧州時間にはブルームバーグのドル指数が小幅に低下。FOMCの声明発表や米中の貿易協議を控える中、月末特有の資金の流れがドルにマイナスに影響した。  
原題:USD Drops to 4-Month Low After FOMC Touts Patience: Inside G-10(抜粋)
Fed Adopts Patient Rate Stance and Balance-Sheet Flexibility (2)
Dollar Edges Lower Before Fed on Month-End Selling: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が急伸、ハト派のFOMC決定で買い

  30日の米株式相場は大幅高。米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策声明でハト派色を鮮明にしたことが材料となった。米国債は短期物が大幅上昇した。

  • 米国株は大幅高、ハト派のFOMC声明受け上昇が加速
  • 米国債は短期物が大幅高、10年債利回り2.68%に低下
  • NY原油は11月以来の高値、サウジの対米原油輸出が急減
  • NY金先物は横ばい、FOMCと米中貿易協議を待つ中

  S&P500種株価指数は8週間ぶり高値を回復し、ダウ工業株30種平均は400ドル余り上昇。FOMCが将来の金利変更の判断においては「辛抱強くなる」と表明し、バランスシートの縮小について柔軟に対応する考えを示唆したことで、株は一段高となった。この日は朝方から、前日のアップル決算を好感してハイテク株が買われたほか、ボーイングが工業株の上げをけん引していた。

  S&P500種は前日比1.6%高の2681.05。ダウ平均は434.90ドル(1.8%)上げて25014.86ドル。ナスダック総合指数は2.2%上昇。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて2.68%。

  ニューヨーク原油先物は続伸。サウジの対米原油輸出が先週半減したことに反応した。これは主要産油国が減産計画を実行に移していることを示す兆候となる。米原油在庫がアナリストの予想ほど増加しなかったことを示すエネルギー情報局(EIA)統計も材料視された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は92セント(1.7%)高の1バレル=54.23ドルと、11月21日以来の高値で終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は33セント高の61.65ドルで終えた。

  ニューヨーク金先物相場は横ばい。米金融政策の今後に関する手掛かりや、米中貿易協議の結果が出るのを待つ展開だった。米政府機関の一部閉鎖の影響で一部経済指標の発表が遅れていることや、英国の欧州連合(EU)離脱合意を巡る協議も、市場の不透明性を強めている。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.1%未満上昇し、1オンス=1315.50ドルで終了。

  FOMC声明がハト派的だったことで、景気拡大の勢いの弱まりを経済指標が示す中でも当局が計画通り利上げを続けるのではとの懸念が後退した。さらに、好決算が幾つか発表されたことが安心感を強めた。

  ドイツ銀行の米国担当エコノミスト、ブレット・ライアン氏は、米金融当局は「少し様子見することになりそうだ」と語った。

  FOMCの声明では、金利を「漸進的にさらに幾分か引き上げること」が必要になる公算が大きいという前回の文言が削除された。米国債市場では5年債と30年債の利回り差などがFOMC声明発表後に大きく拡大、イールドカーブがスティープ化した。
原題:U.S. Stocks Soar, Dollar Sinks After Fed Decision: Markets Wrap(抜粋)
USTs Bull Steepen; Patient Fed Signals Balance-Sheet Flexibility
Crude Vaults to Yearly High as Saudi Shipments to U.S. Dwindle
Gold Little Changed as Traders Await Fed, U.S.-China Meeting

◎欧州債:イタリア債が上げ主導、ドイツ債と英国債も上昇

  30日の欧州債市場では、イタリア債が5年債と10年債の入札後に上昇。ドイツ債も小幅に上昇した。引け後には米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表が控えている。

  • イタリア債は10年債を中心に上昇。10年債利回りは半年ぶりの水準に低下し、ドイツ債とのスプレッドは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して240bpと、昨年9月以来の小ささとなった
  • ドイツ債は上昇し、イールドカーブはフラット化した。1月の国内基準消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比1.4%と、市場予想中央値の1.8%を下回った
  • 英国債のイールドカーブはブルフラット化し、10年債利回りは1bp低下。欧州委員会のユンケル委員長が離脱協定の再交渉はないと言明し、英国のEU離脱見通しは依然不透明な状況が続いている
  • ドイツ10年債利回りは1bp低下の0.19%、フランス10年債利回りも1bp下がり0.60%、イタリア10年債利回りは4bp低下の2.59%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italian Bonds Lead Gains Across Euro Area; End-of-Day Curves(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE