コンテンツにスキップする

イタリア、サルビーニ副首相は年内選挙求める圧力に直面ー関係者

  • 連立パートナーである「5つ星運動」に対して不満
  • 世論調査での同盟の支持率は約32%、優位を生かす好機

イタリアのサルビーニ副首相は年内の前倒し選挙を求める党内からの圧力に直面している。連立パートナーへの不満が強まっているという。

  サルビーニ副首相率いる「同盟」の有力党員の何人かは、連立パートナーである反体制政党「5つ星運動」が選挙公約の実践を妨げていることに不満を持っている。世論調査での優位拡大を生かして総選挙に打って出るようサルビーニ氏に求めているという。政権内の同盟メンバーや党幹部が匿名を条件に語った。

  党幹部によると、サルビーニ氏の側近のジョルジェッティ官房長官は繰り返し不満を表明しているという。世論調査での同盟の支持率は約32%と高く、総選挙によってサルビーニ氏が首相の座に就ける可能性もある。

Riding High

An early general election could give Salvini a chance to seize the premiership 

Source: http://www.sondaggipoliticoelettorali.it, pollsters

Note: *Weekly average of Italian polls calculated by Bloomberg

原題:Italy’s Salvini Is Said to Face Pressure to Force Early Vote (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE