コンテンツにスキップする

トランプ氏疑惑の証拠あれば公表するか司法長官候補に問う-グラム氏

米上院司法委員会のリンゼー・グラム委員長(共和、サウスカロライナ州)は、次期司法長官に指名されたウィリアム・バー氏に対し、モラー特別検察官の捜査でトランプ大統領に不利な情報が見つかった場合、それを公開するかどうか明確にするよう求めると語った。

  グラム委員長は29日の同委の会合で、シェルドン・ホワイトハウス議員(民主、ロードアイランド州)からこの問題を追及された。ホワイトハウス氏は、罪に問われていない人物の名誉を傷つけるような情報の公表に反対する司法省の方針によってバー氏が制約を受けるかどうかや、モラー特別検察官がトランプ大統領が犯罪を行った証拠を見つけたものの、司法省の方針が訴追手続きを阻む場合、トランプ氏に関する情報をバー氏は公開するか尋ねた。

Senate Judiciary Subcommittee Hearing On Russian Meddling In The 2016 Presidential Election

リンゼー・グラム上院司法委員長

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  トランプ氏に近いグラム委員長は、バー氏に回答を求めると述べ、大統領特権の限界や、それが大統領を守るために悪用される恐れがあるとの一部民主党議員の懸念についてバー氏をただすと言明した。

原題:Trump Ally Graham to Press Barr on Releasing Mueller Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE