コンテンツにスキップする

EUが米ハイテク大手に警告-偽情報への対策強化しなければ規制へ

  • 欧州委:各社は5月の欧州議会選前に偽情報への対策強化が必要
  • ある程度の進展はあったが、さらなる措置を講じる必要

欧州連合(EU)は世界的な大手ハイテク・広告会社に対し、5月の欧州議会選挙前に各社のプラットフォームで偽情報への対策を強化する必要があり、それを怠れば規制に直面する可能性があると警告した。

  EUの行政執行機関である欧州委員会は、米アルファベット傘下グーグル、ツイッターフェイスブックなどが特に偽アカウント削除や偽情報を推進するサイトの評価を下げることで、「ある程度の進展」があったことを認めた。

  その上で、政治広告の購入プロセスでの適切な透明性確保、プラットフォームとEU加盟国の協力推進、リサーチを目的とした企業のデータへのアクセス促進に向け、各社はさらなる措置を講じる必要があると指摘した。

  ツイッター、グーグル、フェイスブックの担当者は別個に、既に偽ニュース対策に多額の投資を行っているほか、悪意のあるアカウントをネットワークから排除しており、問題解決のため引き続きEUと協力していくとコメントした。

原題:EU Warns U.S. Tech Giants: Work Harder or Face Regulation (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE