コンテンツにスキップする

中国低迷でアジア輸出に痛み広がる-「世界貿易の馬車馬」も警告

  • 日本や香港が発表した昨年12月の輸出統計は顕著な減少
  • ばら積み貨物船の活動が前例のない落ち込み-BIアナリスト
Morning commuters wait to cross a road in front of Tokyo Station in Tokyo.
Morning commuters wait to cross a road in front of Tokyo Station in Tokyo. Photographer: Takaaki Iwabu/Bloomberg
Morning commuters wait to cross a road in front of Tokyo Station in Tokyo.
Photographer: Takaaki Iwabu/Bloomberg

中国経済の軟化が他のアジア輸出市場を揺るがしており、さらに痛みが広がりそうだ。米中貿易摩擦と世界経済の循環的な減速によりサプライチェーンが混乱し、日本や香港が発表した昨年12月の輸出統計は顕著な落ち込みを示した。
 
  今年1月も悪いニュースが続くと見込まれている。ブルームバーグ・エコノミクスの先行指標によれば、中国経済は今月さらに鈍化。中国国家統計局が31日に発表する1月の製造業購買担当者指数(PMI)も低下が予想される。

Ailing Asia

Economies across the region are seeing lackluster exports growth

Sources: Government agency data

Note: Vietnam data are for January 2019; all others are December 2018

  香港の予想を超える輸出減少はアジア全般、特に中国本土からの需要低迷を物語る。貿易に依存するシンガポールはここ2年余りで最大の輸出減を記録。東南アジア一の経済大国、インドネシアの輸出は2017年半以降で最も大きな減少となった。韓国と台湾も先週、極めて厳しい輸出統計を発表した。

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のラーフル・カプール、クリス・マッケンスターム両アナリストは、状況悪化を示す別のデータもあると指摘。「中国に依存しているだけでなく、世界貿易の馬車馬」である比較的小型のばら積み貨物船の活動が前例のない落ち込みで、恐らく世界的な工業減速の深刻化を意味するとの見方を示した。

原題:China’s Economic Woes Spread Across Asia With More Pain to Come(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE