コンテンツにスキップする

ベライゾン、10-12月売上高が市場予想下回るー株価下落

米携帯電話サービス最大手、ベライゾン・コミュニケーションズが発表した2018年10-12月(第4四半期)の売上高は、アナリスト予想に届かなかった。同社は18年終盤には大規模なコスト削減を実施した。

  第4四半期の売上高は343億ドル(約3兆7500億円)。アナリスト予想は344億ドルだった。特別項目を除く1株利益は1.12ドルで、アナリストの予想平均である1.09ドルを上回った。

  2019年については、通期売上高で1桁台前半の増加を見込んだ。アナリストは1%の増収を予想していた。この見通しは成熟する米携帯電話市場でベライゾンが引き続き厳しい状況に直面していることを示唆しており、決算発表後の29日米株式市場通常取引前の時間外取引で同社株価は一時3%を超える下げとなった。

Verizon shares drop in premarket after the results

原題:Verizon Sales Fall Short of Views as Benefits of Cost Cuts Await(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE