コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • アップル決算と見通し、中国への関税全面撤廃の可能性も
  • FOMCエコノミスト予想、北朝鮮の核放棄、EUと再交渉
Pedestrians walk past an Apple Inc. store in San Francisco.
Pedestrians walk past an Apple Inc. store in San Francisco. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Pedestrians walk past an Apple Inc. store in San Francisco.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

今年初め、世界の株式市場に走った「アップル・ショック」。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は1月2日の書簡で、「特に大中華圏でこれほどの経済鈍化は見込んでいなかった」と指摘していました。そのアップルがホリデーシーズンを含む10-12月期の業績と今期の見通しを発表しました。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

株価上昇

アップルが発表した10-12月期決算では、売上高が843億ドルと、エコノミスト予想の839億7000万ドルを上回った。1株利益は4.18ドルと、市場予想の4.17ドルをわずかに上回った。引け後の米国株式市場ではアップル株が時間外取引で一時3%上昇。1-3月期売上高の会社見通しは550億-590億ドル。中央値は市場予想を3.3%下回った。


一気に撤廃も

ムニューシン米財務長官は、中国がトランプ大統領に対して十分な譲歩を示せば、全ての関税措置の撤回を目指す可能性があるとFOXビジネス・ニュースで述べた。「あらゆるものがテーブルの上にある」と発言。同長官は30、31日にワシントンでライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と共に、中国側との通商協議に臨む。中国との通商紛争は米国に打撃を及ぼしていないとして、「今年3%成長を達成する根拠は依然かなりある」とも語った。

終了にあらず

ブルームバーグのエコノミスト調査によれば、2019年の米利上げタイミングの予想は先送りされたものの、回数の予想は変わらず。過半数が今年2回の利上げ予想を維持、その時期については6月と12月と、1カ月前の調査で予想した3月と9月から後ずれさせた。バランスシート縮小プログラムについては約85%が、年内に減速や停止することはないと予想した。

生き残りに不可欠

トランプ大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を武装放棄で説得する自信があると表明しているが、米情報当局の最高幹部は北朝鮮が核能力を手放す公算は小さいと言明した。コーツ国家情報長官は北朝鮮首脳部が核兵器を体制の生き残りに不可欠だと見なしていると指摘した。

交渉の主導権

英国のメイ首相は欧州連合(EU)離脱合意について、EUと再交渉することを議会採決で委ねられた。最大の争点であるアイルランド国境を巡る「バックストップ」に代替措置を求める内容。EUの報道官は英離脱の延期を検討する用意があるが、離脱合意とバックストップの再交渉には否定的な見解を示した。


その他の注目ニュース

米消費者信頼感指数:1月は1年半ぶり低水準-政府機関閉鎖で
米3M:10-12月利益・売上高とも予想上回る-世界成長巡る懸念払拭
テスラ:1000億円の転換社債償還迫る、回避には株価21%上昇が必要

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE