コンテンツにスキップする

米ファイザー:通期利益見通しが市場予想下回る、為替の悪影響を警告

米製薬会社ファイザーは2019年の業績について、アナリスト予想を下回る見通しを示した。為替変動が利益に響く公算が大きいと警告した。

  19年通期の調整後1株利益は2.82ー2.92ドルと見込んだ。アナリストの予想は3.04ドルだった。

  ファイザーは為替の影響が調整後1株利益を約6セント、売上高を9億ドル前後それぞれ押し下げると説明。米ヘルスケア製品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も今月、為替が業績に及ぼす悪影響を指摘していた。

  この発表を受けてファイザー株は29日の通常取引前の時間外取引で一時2%安。年初から前日までで9.4%下落していた。

原題:Pfizer Shares Fall as Drugmaker Signals Dollar Will Dent Profits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE