コンテンツにスキップする

米アップルのビデオ通話アプリ「フェイスタイム」にバグ検出

  • バグにより相手方の応答前に音声が聞こえ、相手はそれに気づかない
  • アップルはフェイスタイムの電話会議機能を無効にした

アップルのビデオ通話アプリ「フェイスタイム」に、他のユーザーの音声を聞くことを可能にするようなソフトウエアのバグがあることが28日見つかった。

  このバグにより、ユーザーがフェイスタイムを通じて誰かに電話をかけると相手方のユーザーが応答する前にそのユーザーの音声が自動的に聞こえるようになるが、その相手は音声が聞こえていることに気づかない。ブルームバーグ・ニュースが確認したこのバグは、フェイスタイムで電話会議を設定して参加者の番号を入力、その後に別の人の番号を付け加えると発生する。相手方ユーザーが電源ボタンや音量調整をクリックすると、ビデオも送られるという。

relates to 米アップルのビデオ通話アプリ「フェイスタイム」にバグ検出

Apple’s system status page showing an issue with FaceTime.

Source: Apple

  アップルのシステム最新状況を伝えるウェブサイトは28日、「グループ・フェイスタイムが一時的に利用できない状態」を示しており、同社がバグのある機能を無効にしたことがうかがわれる。実業界や政界リーダーから批判を浴びたアップルは同日の早い段階では、バグを修正するため「週内に」更新版ソフトウエアを公開すると表明していた。

原題:Apple Bug Lets IPhone Users Listen in on Others Via FaceTime (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE