コンテンツにスキップする

米ブラックストーン、運用資産110兆円が目標ー富裕層の個人に照準

  • 元銀行アナリストのジョアン・ソロター氏がこの取り組みを主導
  • 同氏は向こう10年間で資産を4倍余りにすることを目指している

スティーブ・シュワルツマン氏率いる米ブラックストーン・グループは、プライベートエクイティ(未公開株、PE)や不動産、クレジット、ヘッジファンドに投資する巨大企業だ。大型年金基金や政府系ファンドから資金を集めることができるのが強みだが、同社が2026年までに運用資産1兆ドル(約110兆円)を目標としていることを考えると、これで十分ではない。

  ブラックストーンは今、オルタナティブ投資の経験が比較的少ない富裕層の個人や家族を、同社の商品に引き寄せることに全力を注いでいる。

Joan Solotar

ジョアン・ソロター氏

ソース:ブラックストーン

  この戦略を主導しているのは、主要経営幹部の1人に上り詰めたジョアン・ソロター氏(54)だ。以前は銀行アナリストをしていた。

  ソロター氏はブラックストーン入社後の12年間に、プライベート・ウェルス・グループ構築のための世界的な取り組みを統括するまでに至った。同氏は向こう10年間でグループの総資産580億ドルを4倍余りに拡大することを計画している。

  同社は31日、昨年10ー12月(第4四半期)決算を発表する予定だ。

Race to $1 Trillion

Blackstone is seeking to more than double the assets it oversees by 2026

Source: Blackstone

原題:Blackstone’s Race for $1 Trillion Leans on Ex-Analyst Solotar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE