コンテンツにスキップする

ソフトバンクが本社を竹芝に移転、ウィーワークがデザイン

更新日時
  • 2020年度中に1万人が移る予定、30フロアを賃借
  • ウィーワーク新拠点も、グループ業績への影響はない
Masayoshi Son
Masayoshi Son Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
Masayoshi Son
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループソフトバンクは2020年度中に、本社を東京都港区の竹芝地区に移転する。

  移転先は東急不動産が開発しているオフィスビル。新オフィスのデザインはソフトバンクGの出資先の一つで、コミュニティー型ワークスペースを世界展開しているウィーワークが行う。

SoftBank's Blockbuster IPO Said to Hit Retail Sales Target

本社の移転を発表したソフトバンクG

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  同ビルの施工は鹿島が行い、竣工予定は20年5月。ウィーワークの拠点も開設される予定だ。

  ソフトバンクG広報室の湯浅謙一氏によると、ビルの30フロアを賃借し、ソフトバンクGとソフトバンクの1万人の社員が現本社から移る。また、グループ業績への影響はないとしている。

(広報担当者への取材内容を追記.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE