コンテンツにスキップする

トランプ大統領、2月5日に一般教書演説-米下院議長の要請受け入れ

更新日時
  • 下院議長は政府機関の一部閉鎖を理由に演説を先送りしていた
  • 当初の予定は1月29日で、演説は1週間遅れとなる

トランプ米大統領は28日、2月5日に一般教書演説を行うよう求めたペロシ米下院議長の要請を受け入れた。同演説は政府機関閉鎖の影響で予定より1週間遅れとなった。

  トランプ大統領はこの日、ペロシ議長に宛てた文書に「われわれには話すべき素晴らしいストーリーがあり、その上、達成すべき素晴らしい目標がある」とし、「5日に会うのを楽しみにしている」と記した。

  ペロシ議長は一般教書演説について、警備担当者の給与が支払われていない政府機関の一部閉鎖期間中に実施すべきではないとして、当初29日だった予定を先送りした。トランプ大統領は25日、政府機関の一部閉鎖を約3週間解除する法案に署名した。

  同大統領は演説で、57億ドル(約6230億円)の国境の壁の建設予算を含め国境警備の予算増額を議会が認めるよう主張する見通し。

原題:Trump Accepts Pelosi’s Re-Scheduled State of Union Invitation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE