コンテンツにスキップする

米中貿易協議30、31日にワシントンで-米は公約履行の保証迫る

更新日時
  • トランプ大統領は代表団を率いる劉鶴副首相と直接会談する予定
  • 技術移転の強制と知的財産権も重要な議題になると財務長官
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米政権は28日、中国経済の構造改革や同国による米国製品の購入拡大の公約履行を協議するため、30、31日にワシントンで米中貿易協議を行うと正式発表した。ムニューシン米財務長官によれば、中国の習近平国家主席の経済ブレーンを務め、今回の代表団を率いる劉鶴副首相とトランプ大統領が直接会談を予定しており、今回の協議を重視する米側の姿勢がうかがえる。

  ムニューシン財務長官によると、トランプ政権は米中間で激化する貿易摩擦の収拾を目指す今週の協議で、公約の履行が可能だと示すよう中国側に迫る方針だ。

  ホワイトハウスで28日に開いた記者会見で財務長官は「合意が成立する場合は合意が実行されることをわれわれは期待する」と発言。中国が約束の履行を保証することが交渉の重要な焦点の一つとの認識を示し、技術移転の強制と知的財産権に関する中国の政策も重要な議題になると語った。

  ホワイトハウスによれば、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表率いる米国の代表団には、ムニューシン財務長官やロス商務長官、クドロー国家経済会議(NEC)委員長、ナバロ国家通商会議(NTC)委員長も参加する。

原題:Trump to Wade Into China Trade Talks This Week as Deadline Looms(抜粋)

(米財務長官の会見での発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE