コンテンツにスキップする

【NY外為】逃避先通貨が上昇、貿易や決算への懸念広がる

更新日時
  • 米が華為技術に関連した刑事訴追を発表、米中貿易交渉を前に
  • キャタピラー決算など受けた商品安、資源国や新興国の通貨を圧迫

28日のニューヨーク外国為替市場では、逃避先通貨が幅広い通貨に対し上昇。企業決算や米連邦公開市場委員会(FOMC)、米中貿易交渉と重要イベントが続く週を迎えている。

  ブルームバーグのドル指数はプラス圏とマイナス圏を行き来した後、横ばい推移。主要10通貨のうち、ドルに対し最も上昇したのはスイス・フラン。米中が30日に新たな貿易交渉に入ることが意識されたほか、遅い時間には米司法省が中国・華為技術に関連した刑事訴追を発表すると伝わり、貿易を巡る緊張が持続した。

Haven currencies weaken amid trade concerns

  ニューヨーク時間午後4時36分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比で変わらず。ドルは対円で0.2%安の1ドル=109円35銭。対ドルでユーロは0.2%高の1ユーロ=1.1428ドル、ポンドは0.3%安の1ポンド=1.3161ドル。

  キャタピラーとエヌビディアの決算がいずれも中国需要の軟調を示したことで、幅広い商品相場が下落。ひいてはオーストラリア・ドル、カナダ・ドルや新興国通貨が下落圧力に押された。

  英国が合意なしで欧州連合(EU)を離脱するリスクが非常に高いとのEU当局者発言を受け、ポンドは売られた。一時はドルに対し0.5%安の1ポンド=1.3137ドル。

欧州時間の取引

  ポンドが下げ、1.32ドルの大台を割り込んだ。トレーダー2人(ロンドン、欧州在勤)によると、重要イベントが多い週を迎えて短期勢が現金ポジションの一部で利益を確定させた。これを受けてドルは下げ幅を縮小した。

原題:Haven FX Gain Amid Worries About Trade, Earnings: Inside G-10(抜粋)
Pound Drops on Profit-Taking as the Dollar Steadies: Inside G-10

(相場を更新し、第4段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE