コンテンツにスキップする

米国債の発行総額、高水準を維持へ-2年連続で1兆ドル超の見通し

  • 四半期入札、中長期債の規模は過去最高水準維持へ-ディーラー
  • 供給増加も需要堅調、利回りの低位推移につながる

米財務省は財政赤字拡大を穴埋めするため、長期債の発行額を高い水準で維持する見通しだ。新規発行額は2年連続で1兆ドル(約109兆円)を上回ると予想されている。

  財務省が30日に発表する四半期定例入札計画で、中長期債の入札規模は過去最高水準に維持されると、プライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)のストラテジストの多くが予想。財務省は同入札規模を過去数カ月に過去最高水準に引き上げていた。

  来週の入札で3年債、10年債、30年債の発行総額は840億ドルになると大半が予想。これは3カ月前の同年限の発行総額を10億ドル上回るが、3年債入札の規模が昨年12月に既に少し引き上げられていたことがもっぱらの理由だ。

  米国債発行増額の背景には、現政権下で導入された減税や歳出拡大がある。財政の先行きは給付金制度の費用増大や、16兆ドル近い米国債務の借り入れコスト上昇により既に憂慮されているが、国債発行増大はその見通しを一段と暗くしている。米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシート縮小も供給増加につながっており、ムニューシン米財務長官にさらなる資金調達を強いている格好だ。

Keep On Borrowing

The U.S. Treasury has already boosted auction issuance to unprecedented highs

Source: Bloomberg, Treasury Department

Note: Combined total of each quarter's 3-, 10- and 30-year refunding auctions

  キャンター・フィッツジェラルドの金利トレーディング責任者、ブライアン・エドモンズ氏(ニューヨーク在勤)は「財政赤字は引き続き膨張すると当社は考えている」と指摘。「供給はさらに増えるだろう」と述べた。

  2018年の米国債の純発行額は総額1兆3400億ドルで、約5500億ドルだった17年の2倍以上に膨らんだ。ドイツ銀行のスティーブン・ゼン氏によると、19年は1兆4000億ドルになる見通し。このうち1兆1100億ドルは利付き債券で、残りは短期証券になるという。

  大量の供給にもかかわらず、米国債利回りは急上昇していない。世界で最も安全とされる米国債への需要が落ち込んでいないためだ。5年債利回りは2017年以降に約0.4ポイント上昇。28日は2.60%前後で推移しており、昨年のピークの3.10%から低下している。

原題:Another Year, Another $1 Trillion in New Debt for U.S. to Raise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE