コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、圧力が奏功と自画自賛-NATOの国防費増額で

  • 来年末までに国防費を計1000億ドル増やすとNATO事務総長
  • トランプ氏の発言が影響と事務総長、直後にトランプ氏がツイート

トランプ米大統領は北大西洋条約機構(NATO)が加盟国の国防費増額を表明したことについて、自身の功績をたたえた。米国による圧力が奏功とするNATOトップの発言を引用した。

  NATOのストルテンベルグ事務総長は27日、フォックス・ニュースの番組で、加盟各国が来年末までに国防費を総額1000億ドル(約10兆9000億円)増やすと表明。その数分後にトランプ氏がツイッターでコメントした。

U.S. President Trump Speaks At NATO Summit

トランプ米大統領、昨年7月のNATO首脳会議で演説

写真家:Marlene Awaad / Bloomberg

  ストルテンベルグ氏は「トランプ氏の明確なメッセージが影響を及ぼしつつあるとみられる」と指摘。「われわれが加盟国間の負担分担に関する問題にシフトすることをトランプ氏が後押ししたという事実に満足している」と述べた。

  トランプ氏は昨年7月のNATO首脳会議で、米国のNATOへのコミットメントをあらためて示すと共に、自身が脱退も辞さない姿勢を非公式にちらつかせたとの報道がでた後、同盟国から国防支出増額の約束を取り付けたと述べていた。

原題:Trump Says His Pressure for NATO Spending Boost Is Paying Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE