コンテンツにスキップする

カナダのトルドー首相、駐中国大使を解任-華為CFO巡る発言で

  • トルドー首相が25日にマッカラム大使に辞任を求め、辞表を受理
  • 米の引き渡し要請あっても孟CFOは強い主張が行えると大使は発言

カナダのトルドー首相は、ジョン・マッカラム駐中国大使を解任した。中国との外交的対立が続く中で、マッカラム氏の発言が批判を招いていた。

  カナダ首相官邸の26日の声明によると、トルドー首相は25日にマッカラム大使に辞任を求め、大使から辞表を受理した。

John McCallum

ジョン・マッカラム駐中国カナダ大使

写真家:Paul Chiasson / AP通信によるカナダの新聞

  カナダは昨年12月に米国の要請で中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)を逮捕・拘束。中国当局はそれ以降、カナダ人2人を中国国内で拘束したほか、麻薬関連の罪に問われた別のカナダ人被告に今月死刑が言い渡された。

  マッカラム氏は米国が孟CFOの引き渡しをカナダに要請しても、孟CFOが裁判所で「強い主張」を行えるなどと発言。その後失言を認め釈明したが、解任を求める声が過去1週間で強まっていた。

原題:Trudeau Ousts China Envoy After Comments About Huawei Case(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE