コンテンツにスキップする

合意なき離脱あるか-29日採決前に英与野党「チキンレース」様相

更新日時
  • 離脱延期を推進する議員らの動きにメイ政権は反対の立場を崩さず
  • 労働党のクーパー議員らは離脱の延期を目指す修正案を提出した

メイ英首相が欧州連合(EU)と自ら取り決め、議会に大差で否決された離脱合意案の代案と、与野党から提出された複数の修正案の下院での審議・採決が29日に行われる。採決の結果次第では、首相は離脱延期、あるいは不可能と思われる修正のためにブリュッセルで再交渉を余儀なくされる恐れがあり、離脱プロセスで主導権を失う危険をはらむ。

  無秩序な「合意なき離脱」回避のために3月29日の離脱予定日の延期を推進する一般議員らの動きに対し、メイ政権は反対の立場を崩していない。しかし、最大野党・労働党のイベット・クーパー議員はそれが唯一の取るべき道だと主張し、超党派の議員らと共に離脱の延期を目指す修正案を提出した。修正が可決されれば、離脱延期を巡る議会での長い攻防が幕を開ける。

  与党保守党の欧州懐疑派は、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)設置回避を保証する「バックストップ」条項の修正を目指すEUとの再交渉をメイ首相に要求。首相がそれに同意することはあっても、EU側はバックストップを撤回するつもりはないと繰り返し警告している。

  クーパー議員は27日のBBCの番組で、どちらが先に降りるか度胸比べする「チキンレースのようなことは続けられない。誰かが何らかの責任を取らなければならない。首相が時間切れになるなら、もう少し時間が必要かもしれない。それは英EU離脱を阻止しようということではなく、責任を持つという問題だ」と語った。

  労働党のコービン党首はクーパー議員らの案をまだ正式に支持しておらず、EUとの関税同盟への残留、あるいは離脱を問う2回目の国民投票実施に関し、議会採決を求める別の修正案を提出している。同党のアンジェラ・レイナー議員(影の教育相)は27日にスカイニューズに対し、合意なき離脱シナリオを阻止するため、労働党はどんなことでも行うべきだと発言した。

  一方、ハンコック保健・社会福祉相はBBCの番組で、合意なき離脱を避けたいと考えるなら、「審議に上がっている離脱案に賛成票を投じることがあなた方の義務だ」と述べ、クーパー議員らが提案したような離脱延期では行き詰まりを打開できないと訴えた。

U.K. PM Theresa May Asks CBI Conference To Back Her Brexit Deal

英労働党のコービン党首

撮影:Jason Alden / Bloomberg

  英大衆紙サンは、メイ首相が、合意が成立しないまま英国をEUから離脱させることはしないと閣僚らに非公式に語ったと報じた。先週の首相と閣僚らとの会合に同席した関係者からの情報を引用した。ただ同紙によれば、EUとの交渉で重要な切り札を失うことになるため、合意なき離脱の可能性を公に否定する用意はないという。

  政府の代案と一連の修正案の採決の行方は、メイ首相と労働党のコービン党首が両党の下院議員らに対し、どのような投票行動を指示するかにかかっているが、どの案を支持するか正式な立場をいずれも公に表明していない。

  アイルランドのコーブニー副首相兼外相はBBCの番組で、EUもアイルランドもバックストップの免責条項や期限付きとする案を受け入れるつもりはないとあらためて主張した。

Labour Calls For Vote That Could Spark Second Brexit Referendum

ハンコック英保健・社会福祉相

撮影:Luke MacGregor / Bloomberg
Irish Foreign Affairs & Trade Minister Simon Coveney Interview

アイルランドのコーブニー副首相兼外相

撮影:Christopher Goodney / Bloomberg

原題:Brexit ‘Game of Chicken’ Played Before Crucial Week for Votes
Parliament to Challenge May for Brexit Power in Crucial Votes(抜粋)

(背景や今後の見通し、サン紙の報道などを追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE