コンテンツにスキップする

マレーシア、2兆円超の東海岸鉄道計画を打ち切り-経済相が発表

  • コストは高過ぎ、政府の財政力を超えるとアズミン・アリ経済相
  • 中国交通建設が受注していた-対中関係損ねずに打ち切る必要と同相

マレーシアのアズミン・アリ経済相は26日、総事業費810億リンギット(約2兆1500億円)の東海岸鉄道計画(ECRL)を取りやめると発表した。中国交通建設が受注していた。

  同相はクアラルンプールで、「決定が下された。この事業のコストは高過ぎ、政府の財政力を超えるためだ」と記者団に語った。計画を中止しなければ、政府は対応できない金利負担を抱えることになると説明し、「中国との関係を損ねることなく、このプロジェクトを打ち切る必要がある」と述べた。

原題:Malaysia to Terminate $20 Billion China-Backed Rail Link Project(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE