コンテンツにスキップする

起訴状で言及の「陣営の幹部」はバノン氏-ストーン被告逮捕で関係者

ロシア疑惑の捜査を進めるモラー特別検察官が25日に公表した24ページに及ぶ起訴状には、2016年10月の電子メールでのやり取りに関する記述があるが、そこに言及されている「陣営の幹部」とはホワイトハウスの首席戦略官を務めたスティーブ・バノン氏だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  共和党のロビイストを長く務め、トランプ大統領の顧問だったロジャー・ストーン被告に対する起訴状は、内部告発サイト「ウィキリークス」の事業概要が一致する組織が公表した、クリントン陣営に関する流出メールに言及している。

Candidate For U.S. Senate Roy Moore Holds Campaign Rally With Steve Bannon

選挙集会で演説するスティーブ・バノン氏(アラバマ州で)

Photographer: Nicole Craine/Bloomberg

  ホワイトハウスのサンダース報道官は25日、「ストーン氏に対する起訴内容は、大統領とは無関係だ」と記者団に述べた。

  ストーン被告は25日、フロリダ州で逮捕された。

原題:Bannon Said to Be High-Ranking Campaign Official in Stone Charge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE