コンテンツにスキップする

1月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルが下落、米政府閉鎖の解除で合意も軟調地合い維持

  25日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。トランプ米大統領が一部政府機関の閉鎖を3週間解除する合意を発表したものの、軟調な地合いは維持された。ドルは9日以来の大幅安となった。

  トランプ大統領が午後にホワイトハウスで発言すると、ドルはこの日の安値を付けた。大統領は議会との最終合意に国境の壁の建設費用が含まれなかった場合、政府機関の再閉鎖や非常事態宣言の可能性もあると述べた。

  ドルは大統領の発言前に既に下げていた。中国が米国との通商協議を前に新たな景気刺激策を打ち出したため、世界的に株高となり、新興市場国の通貨や金、銅も上げた。

  米金融当局が当初の想定より大規模な米国債ポートフォリオを維持する可能性があるとの報道も、リスク資産の買いを促した。

  トランプ米大統領の元顧問でロビイストのロジャー・ストーン氏が司法妨害などの罪で起訴されことも、ドルの地合い悪化につながった。

  ニューヨーク時間午後4時28分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.7%低下。ドルは対円で0.1%安の1ドル=109円49銭。対ユーロでは1%下げ、1ユーロ=1.1413ドル。

  ユーロは対ドルで55日移動平均の1.1381ドルを上回り、1.14ドル台に上昇した。欧州中央銀行(ECB)の当局者2人は、年内に利上げに踏み切れるかどうか分からないとの認識を示した。

欧州時間の取引

  ポンドは対ドルで昨年11月以来の高値。英国が欧州連合(EU)からの合意なき離脱を回避するとの楽観が強まった。
原題:Greenback Stays Lower as Shutdown Paused 3 Weeks: Inside G-10(抜粋)
Pound Set for Best Run in a Year as Shorts Bail Out: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が上昇、決算と政府閉鎖解除合意が追い風

  25日の米株式相場は上昇。企業決算が米経済への信頼感を高めたほか、トランプ大統領と議会指導者が3週間の政府閉鎖解除で合意したことで買いが入った。米国債は反落。

  • 米国株は上昇、政府閉鎖解除の合意や企業決算を好感
  • 米国債は反落、10年債利回り2.76%に上昇
  • NY原油は続伸、3週間の米政府閉鎖解除で懸念が後退
  • NY金は反発、ドル下落で-米中交渉の進展ない中

  ダウ工業株30種平均とナスダック総合指数は週間ベースでも上昇。S&P500種株価指数は週間ではマイナスとなった。中国政府の代表が週明けにワシントンを訪れ、米中通商協議に向けた準備作業を行うとの観測を受けて、この日は新興国市場の上昇に弾みがついた。また、米金融当局がバランスシート縮小プログラムを当初予定より早く終える可能性を検討しているとの報道も、市場の楽観を強めた。

  S&P500種は前日比0.9%高の2664.76。ダウ工業株30種平均は183.96ドル(0.8%)上げて24737.20ドル、ナスダック総合指数は1.3%高。米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.76%。

  アビバ・インベスターズのポートフォリオ・マネジャー、ティム・アルト氏は、「リスクテークの動きが活発化する可能性があるとの印象だ」と述べた。

  トランプ米大統領はこの日、政府機関の運営を3週間再開することで合意したと発表。アムンディ・パイオニア・アセット・マネジメントのマネジングディレクター、ジョン・キャリー氏は、「まだ不透明性はあるが、少なくとも危機は先送りされたか、回避された」とコメント。「短期的な圧迫要因が和らいだということだ」と語った。

  ニューヨーク原油先物は続伸。米政府機関の運営を3週間再開することで合意が成立し、投資家の懸念が和らいだ。主要産油国ベネズエラの政情不安が続いたことも背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は56セント(1.1%)高の1バレル=53.69ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は55セント高の61.64ドルで終えた。

  ニューヨーク金先物は反発。ドルの下落に加え、米中貿易摩擦がしばらく解決をみないとの観測が背景となった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は1.4%高の1オンス=1304.20ドルで終了。1300ドルの大台を突破するのは3週間ぶり。週間ベースでも上昇した。

  米国債相場は下落し、週間ベースの上げ幅を縮めた。10年債利回りは遅い時間に日中最高を付けた。5年債と30年債の利回り差は縮小、イールドカーブがフラット化した。
原題:Stocks Rise on Earnings, Shutdown Deal Optimism: Markets Wrap(抜粋)
USTs Fall, Curve Flattens as Deal Reached to Reopen Government
Oil Rises as U.S. Shutdown Ends While Venezuela Tensions Mount
PRECIOUS: Gold Futures Rise as Dollar Slips Ahead of Trade Talks

◎欧州債:英国債とドイツ債が下落、イタリア債は上昇

  25日の欧州債は、英国債やドイツ債が下落した。メイ英政権を閣外協力で支えてきた北アイルランドの民主統一党(DUP)が離脱合意修正案を支持すると伝わった。イタリア債は上昇。

  • イタリア10年債利回りは2.62%と、6カ月ぶり低水準をつけた
  • 英紙テレグラフが匿名の関係者1人の情報を基に報じたところによると、DUPは保守党のブレイディ議員が用意している修正案を支持
    • ブレイディ議員の修正案はアイルランドとの間に厳しい審査を伴う国境の設置を回避するための「バックストップ」を他の措置に変更することを求める内容
  • ドイツ10年債利回りは2bp上げて0.20%、フランス10年債利回りは2bp上昇して0.60%、イタリア10年債利回りは1bp低下の2.65%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Bunds Fall, Italian Bonds Edge Higher; End-of-Day Curves, Spread(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE