コンテンツにスキップする

トランプ大統領のストーン元顧問を起訴、偽証や証人買収などで

更新日時
  • ストーン被告、フロリダ州フォートローダーデールで身柄拘束
  • 司法妨害や偽証、証人買収など7件の罪で起訴

トランプ米大統領の元顧問でロビイストのロジャー・ストーン氏が25日、司法妨害などの罪で起訴された。モラー米特別検察官が主導する2016年米大統領選へのロシア関与疑惑捜査を妨害したほか、内部告発サイト「ウィキリークス」と自身のやり取りについて偽証した罪に問われている。

  起訴状によると、ストーン被告は大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏に恥をかかせるため、国家ぐるみのロシア人ハッカーによって盗まれた米民主党全国委員会(DNC)の電子メール公開とトランプ陣営を結びつける役割を果たした。起訴状はまた、証人買収や隠蔽(いんぺい)疑惑のさらなる事例も示している。

Politcal Consultant Roger Stone Interview

ロジャー・ストーン被告

Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

  ストーン被告が2015年にトランプ陣営を退いた後も、ウィキリークスと見られる組織についてトランプ陣営の匿名のシニア幹部と定期的なやり取りを続けていたと起訴状は説明。「トランプ陣営のシニア幹部1人が同被告に連絡するよう指示された」とも記している。起訴状はモラー氏がこうした幹部を特定しており、同幹部らが果たした役割について調べていることを示唆している。

  モラー検察官のオフィスによると、25日にフロリダ州フォートローダーデールの連邦地裁に同被告が出廷する。米司法省によると、ストーン被告(66)は司法妨害や偽証、証人買収など7件の罪で起訴された。

原題:Trump Ally Stone Charged as Probe Links Campaign, DNC Emails (4) (抜粋)

(新たな情報を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE