コンテンツにスキップする

ゴールドマンとモルガンS、ジャーディン株取引撤回求めた-関係者

  • 成り行きの売り注文が急落のきっかけかどうかは分からないと関係者
  • ゴールドマンとモルガンSの広報担当者はコメントを控えた

186年の歴史を持つ複合企業ジャーディン・マセソン・ホールディングスの株価が24日のシンガポール株式市場で急落した後、ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレーがジャーディン株の取引を取り消すか修正するよう一部のカウンターパーティーに要請したと事情に詳しい関係者が明らかにした。

  微妙な問題だとして匿名を条件に語った関係者によれば、修正要請の一部は取引をより高い価格で決済することを求めたものだった。

Jardine Matheson shares plunge, then recover to close little changed

  ゴールドマンとモルガン・スタンレーからの成り行きの売り注文が急落のきっかけになったのか、あるいは取引開始前のオークションでの他の要因が理由になったのかは不明だと、関係者の何人かが話した。

  ゴールドマンとモルガン・スタンレーの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Goldman, Morgan Stanley Are Said to Ask to Cancel Jardine Trades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE