コンテンツにスキップする

ECBが2019年中に利上げするかどうかは不明-クーレ理事

  • ダボスでブルームバーグテレビジョンのインタビューに答えた
  • ユーロ圏経済の持続的な弱さにECBは「驚かされた」とクーレ氏

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は25日、同中銀が今年中に利上げするかを判断するのは時期尚早だと述べた。

  スイスのダボスでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じた同理事は、ユーロ圏経済の持続的な弱さにECBは「驚かされた」とし、どう対応するかを決めるのに時間が必要だと語った。ECBは24日、金融政策を据え置き、金利を少なくとも夏の終わりまで現行水準にとどめるとのガイダンスを繰り返した。

  クーレ理事は「ECBは夏が終わる前に動くつもりはないとしてきたが、この文言を変え、時期を先に延ばすことはあり得る」とし、「ある時点で、市場の期待が当局による経済認識に合致しなくなれば、対応しなければならず、ガイダンスを調整するだろう。ある時点で、それをしなければならないかもしれない」と語った。

  ECBが年内に利上げできるかとの問いには、「まだ衝撃の性質を理解しようとしている段階なので、その議論をするのは時期尚早だ」と答えた。

  経済見通しへのリスクは「下向き」との判断をECBが示したことについては、「世界の貿易に対するリスクが顕在化したため、リスク認識を下向きとした」と述べた。

  クーレ理事は10月に任期満了となるドラギ総裁の後継候補の1人。総裁になりたいかとの問いに「なりたくない人はいない」と答えたが、決めるのは自分ではないと付け加えた。

relates to ECBが2019年中に利上げするかどうかは不明-クーレ理事

次期ECB総裁レース

原題:Coeure Says ECB Doesn’t Know If It Will Raise Rates in 2019 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE