コンテンツにスキップする

ベゾス氏は4500億円納税必要に-ウォーレン議員提案の富裕税実施なら

  • ウォーレン議員は資産額5000万ドル超の米国人への課税を提案
  • ベゾス氏を含む米富豪175人の納税額は総額610億ドルとなる

エリザベス・ウォーレン米上院議員(民主、マサチューセッツ州)が提案した富裕税が導入された場合、世界一の富豪である米アマゾン・ドット・コムの創業者、ジェフ・ベゾス氏は、現在の純資産額1371億ドルに基づくと、1年目に41億ドル(約4500億円)の納税が必要になる。

  ベゾス氏を含め世界の富豪上位500人のランキングであるブルームバーグ・ビリオネア指数に入っている米国人175人の納税額は、総額で610億ドルとなる。

File: Amazon's Founder Jeff Bezos Is Getting Divorced After 25 Years

ジェフ・ベゾス氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  ウォーレン議員は24日、資産額5000万ドル超の米国人に対し富裕税を課すことを提案。純資産が5000万ドルを超える部分に1ドル当たり年間2%の税金、10億ドルを超える部分については1ドル当たり年間3%の税金を支払うよう求めた。

原題:Warren Wealth Tax Would Cost Bezos $4.1 Billion in First Year(抜粋)
Senator Warren Proposes ‘Ultra-Millionaire Tax’ of as Much as 3%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE