コンテンツにスキップする

中国の安邦保険、米国本社が入るNYビルの売却検討-関係者

  • マンハッタン5番街の26階建てビルについて提案を募集と関係者
  • 2015年にブラックストーンから購入していた

海外資産の売却を進める中国のコングロマリット、安邦保険集団は、米国本社を置くニューヨーク市マンハッタンの高層オフィスビルの売却を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、安邦保険はマンハッタンの5番街にある26階建てのビル売却に向けて提案を募集している。同社の広報担当者はコメントを控えている。
 
  安邦保険は、2015年に4億1400万ドル(現在の為替レートで約455億円)で米ブラックストーン・グループからビルを購入。マンハッタンの名門ホテル「ウォルドーフ・アストリア」を買収したことでも知られる安邦保険は、債務水準が持続不可能との懸念がその後高まり、中国政府の怒りを買うことになる。

原題:Anbang Said to Explore Sale of U.S. Offices in Global Divestment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE