コンテンツにスキップする

米下院民主党、ウォール街の大手銀首脳らに議会証言要請へ-関係者

  • 下院金融委員会、早ければ3月の公聴会開催を検討
  • ゴールドマンやウェルズF、JPモルガンのCEOらが証言か

米国の大手銀行の首脳らは、米議会に召喚されウォール街を監督する委員会からの質問に直面する可能性が高い。民主党が多数派となった下院が金融業界への監視の目を強める前兆となりそうだ。

Maxine Waters 

ウォーターズ下院金融委員長

写真家:Joshua Roberts / Bloomberg

  事情に詳しい複数の関係者によると、ゴールドマン・サックス・グループとウェルズ・ファーゴ、JPモルガン・チェース、シティグループ、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ(BofA)の最高経営責任者(CEO)は下院金融委員会での証言を求められる可能性がある。

  同委員会は早ければ3月の公聴会開催を検討しているが、委員長を務めるウォーターズ議員(民主、カリフォルニア州)が銀行首脳に証言を正式に要請してはいないため、変更の可能性もある。ただ、少なくとも2行はウォーターズ議員の事務所から想定される公聴会について打診を受けたという。関係者らは公聴会の予定がまだ組まれていないとして匿名を条件に話した。

  JPモルガンとシティ、ゴールドマン、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレーの広報担当はコメントを控えた。BofAとウォーターズ議員の広報担当は取材に対して現時点で返答はない。

原題:House Democrats Said to Seek Testimony From Wall Street CEOs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE