コンテンツにスキップする

ロス商務長官:給与未払いの政府職員は「借金すればよいではないか」

  • 慈善団体頼り、「理解に苦しむ」-CNBCで発言
  • 借り入れは事実上、連邦政府によって保証されている-ロス氏

米政府機関の一部閉鎖で給与が支払われていない職員が慈善団体を頼りにしていることについて、ロス米商務長官は借金すればよいではないかと困惑をあらわにした。

  ロス長官は24日のCNBCとのインタビューで、一部の連邦政府職員がホームレス保護施設で食料を得ているとの報道について、「なぜそうするのか理解に苦しむ」と発言。「銀行あるいは信用組合からの借り入れは、連邦政府によって保証されているも同然だ。彼らがローンを得られないはずがない」と述べた。

  資産家で元プライベート・エクイティ(PE、未公開株投資)投資家であるロス長官の発言は、普通の国民の暮らしぶりを理解していないとして、直ちに民主党の反発を呼んだ。

  ペロシ米下院議長はツイートで、「トランプ大統領とその閣僚、ワシントンの共和党員がいかに国民感覚とずれているかを示している。ぎりぎりの生活という意味を彼らは全く理解していない」と述べた。

原題:Commerce Chief to Unpaid Federal Workers: Let Them Get Loans (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE