コンテンツにスキップする

ダイモン氏ら米大手3行CEO、米金融当局は今年の方針維持と予想

  • 米経済は追加利上げを支持するのに十分力強い-モイニハン氏
  • ダイモン、ゴーマン両氏は2019年の利上げペース減速を予想

大手米銀のトップは2018年の相場が大荒れで終わったことについて、米金融当局が政策の進路を反転する十分な根拠にはならないとみている。

  モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は24日、スイスのダボスでブルームバーグテレビジョンのインタビューに対し、「市場の一部では年内の利下げを予想しているが、私はそれはないと考えている」と発言。「しかし3度や4度の利上げは見込んではいない。個人的な予想では1度か2度だろう」と述べた。

  昨年は金融当局が計4度の利上げを実施、市場は混乱に満ちて終えた。世界の成長に減速の兆しが見られることを背景に、多くの投資家が今年の利上げ予想を後退させた。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)のブライアン・モイニハンCEOは23日にブルームバーグテレビジョンに対し、「今のところ12月のデータは追加利上げを支持するのに十分力強い」と述べた。  

  JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOは23日、米CNBCのインタビューで、「米金融当局は状況を見極めるだろう。個人的な予想では今は恐らく利上げを停止する」と述べた。「しかし今後6カ月以内に追加利上げを実施するのであれば、それは米国の成長率が2.5%だからだ。これはなお堅調な水準だ」と話した。

原題:U.S. Bank CEOs See Fed Staying the Course After Market Chaos(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE