コンテンツにスキップする

1月24日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ユーロ下落-ドラギECB総裁発言、独紙報道で

  24日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで下落し、昨年12月中旬以来の安値を付けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が成長へのリスクは下方向に転じたと発言したことが響いた。ドルは主要通貨の大半に対して上昇した。

  ドラギ総裁の発言からは、ECBが今年、金融危機の時期に導入した景気刺激策の解除に一段と慎重になる可能性が示唆された。同総裁は地政学的な不透明感が続くとの認識も示した。

  独紙ハンデルスブラットは、ドイツ政府が今年の同国成長率見通しを1.8%から1.0%に引き下げたと報じた。世界経済の成長鈍化や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不確実性を理由に挙げているという。

  米上院は共和、民主両党が主導する各予算案を審議したが、採決には至らず、政府機関閉鎖が継続することになった。

  ロス米商務長官は米国と中国は貿易戦争の終結を強く願っているが、結末がどうなるかは中国が経済改革を深化させ、市場を一段と開放するかどうかにかかっているとの認識をブルームバーグテレビジョンのインタビューで示した。同長官はこれより先、CNBCとのインタビューでは貿易戦争の終結への期待をけん制した。

  ニューヨーク時間午後4時51分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇。ドルは対円ではほぼ変わらずの1ドル=109円61銭。ユーロはドルに対して0.7%下げ、1ユーロ=1.1305ドル。

欧州時間の取引

  ユーロが下落。マークイットが発表したフランスの1月の総合購買担当者指数(PMI)が市場予想に反して低下し、この4年余りの最低水準となった。ドラギECB総裁の記者会見での発言がハト派的トーンになるとの見方も材料だった。
原題:Euro Sinks as Draghi Acknowledges Downside Risks: Inside G-10(抜粋)Euro Drops Before ECB as PMI Poses Forecast Risks: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:S&P500が小幅高、逃避需要で国債上昇

  24日の米株式市場では、S&P500種株価指数が小幅高。半導体株が大幅上昇し、米中貿易摩擦の解決が一部の期待ほど近くないとの米当局者発言の影響を抑制した。米国債は逃避需要に支えられ上昇。

  • 米国株はS&P500とナスダックが上昇、半導体が大幅高
  • 米国債は上昇、逃避需要が支え-10年債利回り2.71%
  • NY原油は反発、米在庫統計よりベネズエラの混乱に反応
  • NY金は反落、ドルの上昇で

  貿易を巡り米中は「解決から何マイルも離れている」とロス米商務長官が発言した後、ダウ工業株30種平均とS&P500種は前日終値を挟んでもみ合った。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長はのちに、米中通商協議にトランプ大統領は楽観的だとし、1月の雇用統計は著しい伸びを記録するだろうと述べた。

  S&P500種が前日比0.1%高の2642.33、ナスダック総合指数が0.7%高。一方、ダウ工業株30種平均は22.38ドル(0.1%)下げて24553.24ドル。ニューヨーク時間午後4時53分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.71%。

  ニューヨーク原油先物は反発。原油の確認埋蔵量が世界最大のベネズエラでの政情不安拡大が注目され、米原油在庫の急増を示す政府統計がそれほど材料視されなかった。ベネズエラではマドゥロ大統領が実権を手放すことを拒み、一方で米外交官に国外退去を命じたマドゥロ氏の大統領令を米国が無視するなど、緊張が高まっている。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は51セント(1%)高の1バレル=53.13ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は5セント安の61.09ドルで終えた。

  ニューヨーク金先物は反落。ドルが上昇する中、金への需要が後退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.3%安の1オンス=1285.90ドルで終了。米政府機関の閉鎖が長引き景気見通しが不透明となっているが、金はここしばらく1300ドルの大台を前に足踏み状態が続いている。

  株式市場ではテキサス・インスツルメンツ(TI)など半導体3社の決算が好感され、フィラデルフィア半導体指数が5.7%高、ザイリンクスが18%余りの上昇となった。

  米国債は幅広い年限で買いを集めた。ロス米商務長官の発言で米中摩擦解消への期待がしぼみ、安全な逃避先としての需要が高まった。ただ、半導体銘柄を中心に米国株がやや持ち直したことから、引けにかけては上げ幅を縮小した。
原題:Stocks Edge Higher; Treasuries See Refuge Demand: Markets Wrap(抜粋)
USTs Rally as China Trade Resolution Fades; Stocks Recover Late
Oil Climbs as Venezuelan Unrest Shoves Aside U.S. Supply Surge
PRECIOUS: Gold Futures Fall as Dollar Rallies; Silver Also Sags

◎欧州債:イタリア債中心にユーロ圏国債が上昇、英国債も高い

  24日の欧州債はイタリア債を中心にユーロ圏国債が上昇。朝方発表されたPMI統計が失望を誘う内容だったほか、ドラギECB総裁が成長見通しへのリスクは「下方向に転じた」と述べたことが材料視された。

  • イタリア債は上昇。中期債が買いを集めた。株価指標FTSE・MIB指数のパフォーマンスが他国の株価指数を上回った。10年債利回りは8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下。ドイツ同年債利回りとのスプレッドは4bp縮小して248bp
  • ドイツ債も上昇。10年債利回りは4bp下げて0.18%と、1月4日以来の低水準をつけた
  • 英国債はドイツ債に連れて上昇。カーニー英中銀総裁は英国の金融システムはどのような結果にも対応できると述べた
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italian Bonds Lead Euro-Area Gains; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE