コンテンツにスキップする

日産の西川社長が退任示唆、ゴーン前会長巡る一連の問題で責任

  • 西川氏「会社を軌道に乗せてバトンタッチすべき」-本社で会見
  • ルノーの新経営体制を日産は歓迎、4月に臨時株主総会検討も

日産自動車の西川広人社長兼最高経営責任者は24日夜に開いた記者会見で、同社前会長で特別背任の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン被告をめぐる一連の問題の責任を取る形で、ガバナンス体制の構築にめどをつけた上で経営トップから退く意向を明らかにした。

Nissan Motor CEO Hiroto Saikawa News Conference After Carlos Ghosn Resigns From Top Renault Job

西川広人社長(24日、横浜市)

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  西川社長はこの日、ルノー取締役会終了後の午後10時ごろから横浜市の日産本社で開いた会見で一連の問題について「私も含めて過去の経営陣の責任は重い」と発言。その上で「そのあとの体制を作らないといけない。会社を軌道に乗せてバトンタッチすべきであると思っている」と話した。定時株主総会のある「6月うんぬんではなく、できるだけ早く私の果たすべき責任を果たして次に引き継げる状態にしたい」と考えているとも述べた。

  ルノーは同日開いた取締役会で、ゴーン被告の会長とCEO辞任を承認。後任会長にはタイヤメーカー、ミシュランのジャンドミニク・スナール氏、CEOにはルノーの暫定CEOを務めていたティエリー・ボロレ氏を指名した

  日産はこの決定を歓迎し、全面的に支持するとの声明を発表。日産としてもゴーン被告と、同時に逮捕されたグレッグ・ケリー前代表取締役の取締役解任と、ルノーが新たに指名する取締役1人の選任を目的とする臨時株主総会を4月中旬に開催する方向で検討を始めたとしていた。

  西川氏は会見で11月のゴーン被告の最初の逮捕以来、ルノー取締役会とは「難しい状態が続いていた」と明かした上で、スナール氏について臨時株主総会で選任する新取締役として想定しており、「非常にすぐれたビジネスマンで経営も豊富。パートナーとして尊敬もできる」と評価していると述べた。臨時総会の開催はルノー側も以前から希望しており、4月の第2週になる可能性が高いとした。

  過去20年にわたって成功してきたアライアンスでの協力を今後も加速させる必要があると確信しているとし、今後はより積極的にそのシナジーを取りに行きたいとの意欲も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE