コンテンツにスキップする

ドラギECB総裁、景気見通しを警告ーリスクは下方向に転じた

  • 地政学的要因に関連する不透明感の持続がセンチメントの重し-総裁
  • 新たな条件付き長期リファイナンスオペについて議論、決定はせず

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は24日、ユーロ圏経済が直面する困難に対する警告を強めた。ECBは金融危機の時期に導入した景気刺激策の解除について、さらに慎重になるとみられる。

  ドラギ総裁は昨年12月には経済見通しへのリスク判断を明確に引き下げることを避けたが、今回の政策決定後の記者会見では、成長へのリスクは「下方向に転じた」と言明した。12月に債券購入終了を発表した際はリスクが「おおむね均衡している」と述べていた。

記者会見でのドラギ総裁の主な発言

  • 特に地政学的要因に関連する不透明感の持続と保護主義の脅威がセンチメントの重しとなっている
  • リスクバランスの表現の変更は全回一致だったが、それが政策に対して意味するところについては議論しなかった。今回の会合は本質的に、現状やその原因、減速が続く期間などを判断するものだった
  • ユーロ圏経済がリセッション(景気後退)に陥る可能性は低いとの見解でも当局者らは一致したが、域内の一部が深刻な景気下降に陥れば、域内他国に広がる可能性はあると認めた
  • 新たな条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)が議題に上ったが、決定はされなかった

  
  ECBはこの日、政策金利は夏の終わりまで現行水準にとどまると重ねて表明。保有債券の満期償還金の再投資は利上げ開始の「後も長期にわたり」継続することも確認した。

関連記事:ECB:金融政策を据え置き、ユーロ圏経済減速の中
ドラギECB総裁:フォワードガイダンスは緩和の度合いを高めた

原題:Draghi Sounds Economic Alarm With Risks Now Tilted to Downside(抜粋)
Draghi Sounds Economic Alarm as Risks Tilt to the Downside (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE