コンテンツにスキップする

日産:臨時株主総会の4月中旬開催検討、ゴーン取締役解任などで

更新日時
  • ケリー取締役の解任とルノーが指名する新取締役1人の選任も
  • 西川社長が会見で詳細説明へ-ゴーン被告はルノーのCEOも辞任

日産自動車は24日、臨時株主総会を4月中旬に開催する方向で検討を始めたと発表した。前会長で特別背任の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン被告ら取締役2人の解任と仏ルノーが新たに指名する取締役1人の選任に目的を限定するとしている。

Nissan Headquarters As France Proposes Renault-Nissan Holding Company

日産自動車本社(横浜市)

Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

  同日予定されているルノーの取締役会終了を受けて日産の西川広人社長兼CEOが同日午後9時半から横浜市の本社で会見する。

  日産とルノーは昨年11月のゴーン前会長の逮捕以来、臨時株主総会の開催に関して意見を戦わせてきた。日産の関係者はルノー側から開催を要求する書簡が複数回届いていたことを明らかにしていたが、日産側では3月末までにガバナンス改善特別委員会が取りまとめる提言を受けてからの総会開催を主張していた。4月の臨時株主総会ではゴーン被告と同時に逮捕されたグレッグ・ケリー前代表取締役の取締役解任も議題とする。

  ゴーン被告は逮捕後、日産の会長と代表取締役の役職を解かれていた。起訴後もルノーの会長兼CEOの職を保持していたが、フランスのルメール仏財務相は24日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで両方の職を辞任したことを明らかにしていた。

(詳細情報を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE