コンテンツにスキップする

マナフォート被告、司法取引合意破ったとのモラー氏の主張に反論

  • マナフォート被告の弁護団が裁判所への提出文書で反論
  • モラー氏はマナフォート被告が虚偽の供述をしたと主張

トランプ米大統領の元選対本部長、ポール・マナフォート被告の弁護士らは、同被告が司法取引を行い捜査への協力を誓ったにもかかわらず検察官に虚偽の供述をしたというモラー特別検察官の主張に対し、ワシントンの連邦地裁への提出文書で反論した。

  文書は23日に提出された。マナフォート被告の弁護団は、同被告が検察官による12回にわたる聴取で5つの問題について虚偽の証言を行ったとのモラー特別検察官の主張によるダメージを最小限に抑えようとしている。エイミー・バーマン・ジャクソン連邦地裁判事は25日に審理を行う予定で、マナフォート被告は免除を求めたが、同判事は出廷を命じた。

原題:Manafort Fires Back at Mueller Claims He Broke Deal by Lying (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE