コンテンツにスキップする

EU、2.5兆円の対米報復関税準備と高官-自動車関税発動なら

更新日時
  • 欧州委のドマルティ貿易総局長が欧州議会の委員会で明らかにした
  • 「対抗措置を課す輸入品リスト草案を既に用意した」とドマルティ氏

欧州連合(EU)加盟国から米国が輸入する自動車・同部品を対象にトランプ政権が追加関税を発動した場合、EUは200億ユーロ(約2兆5000億円)相当の米国製品に報復関税を課す用意がある。EUの行政執行機関である欧州委員会のドマルティ貿易総局長が23日、欧州議会の委員会で明らかにした。

  ドマルティ貿易総局長は「友好国やパートナーにも通商措置の脅しをちらつかせ、目標追求のために現状を破壊しても総じて平気な米政権と、われわれは引き続き対峙(たいじ)しなければならない」と発言。「米政権がわれわれに発動すると想定されるいかなる新たな貿易制限にも適切かつ効果的に対応できるよう準備する必要がある。対抗措置を課す200億ユーロ相当の米国からの輸入品リストの草案をわれわれは既に用意した」と述べた。

  同貿易総局長は「欧州の自動車・同部品への輸入関税・制限を提案する報告が今後数週間のうちに米政権から出た場合、われわれが管理貿易の解決策に関心がなく、発動すれば反応するという点を明確にすべきだ」と主張した。  

原題:EU Eyes Tariffs on $23 Billion of U.S. Goods If Trump Taxes Cars(抜粋)

(欧州委の貿易総局長の発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE