コンテンツにスキップする

テンセントやPEファンド、ネクソン株取得案の提示検討-関係者

更新日時
  • テンセントは提示額の見極めを進めていると関係者
  • ネクソン持ち株会社NXCが複数選択肢をアドバイザーと検討

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)がネクソンの株式取得に向けた提案を検討している。プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社のヒルハウス・キャピタルとKKRも同様の検討を進めている。事情を知る複数の関係者が話した。

  非公開情報だとして匿名で取材に応じた関係者によると、テンセントは株式の評価額を見極めており、複数の投資ファンドと協力する可能性もある。他の世界的なテクノロジー企業や買収ファンドもネクソン株取得に関心を示しているという。関係者1人によれば、米ブラックストーン・グループも提案を検討中だ。

  ネクソン創業者の金正宙(キム・ジョンジュ)氏は、同社の持ち株会社であるNXCを通じて保有するネクソン株の売却を検討している。関係者によれば、NXCは持ち株47%の一部売却や全社売却を含む複数の選択肢をドイツ銀行や米モルガン・スタンレーなどと検討しているが、まだ早期の段階で取引しない決定を下す可能性もあるという。

  各社の担当者はコメントを控えるとしている。ロイター通信が今月、テンセントと複数のPE会社がNXCが保有する持ち株に対する取得案などを検討中だと先に報じていた。

  前日比マイナス圏で推移していた24日のネクソン株は、報道を受けた午後の取引で急伸。一時7.6%高の1716円まで買われた。

原題:Tencent, Buyout Firms Are Said to Weigh Potential Bids for Nexon (抜粋)

(文末に株価情報を追記.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE