コンテンツにスキップする

米ボーイング、「空飛ぶ車」試作機の初試験飛行完了-自動操縦

  • バージニア州の試験飛行で離着陸とホバリングに成功
  • ボーイングやエアバスは空飛ぶ車と貨物輸送ドローンで主導権争い

米航空機メーカー、 ボーイングは22日、自動操縦で飛行する「空飛ぶ車」試作機の初の試験飛行を完了した。同社などが目指す都市交通の革命的な未来像をのぞかせた。

  ボーイングの23日の発表資料によれば、試作機はバージニア州マナサスで行われた試験飛行で、離陸後、ホバリング(空中停止)し、着陸した。電動の同機は完全自動操縦で最大50マイル(約80キロメートル)飛行するという。

Personal Air Vehicle-DryRun

バージニア州マナサスで試験飛行を行ったボーイングの「空飛ぶ車」試作機

ソース:ボーイング

  ボーイングと欧州エアバスなどは、航空産業に新たな波紋を巻き起こす可能性がある空飛ぶ車と貨物輸送ドローンで主導権争いを演じている。ボーイングは2017年、オーロラ・フライト・サイエンシズを買収した。オーロラ・フライトはウーバー・テクノロジーズと共同開発中の「空飛ぶタクシー」などのプロジェクトを手掛けている。

原題:Boeing’s Flying Car Takes Off to Show a Glimpse of the Future(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE