コンテンツにスキップする

中国の王副主席:19年の成長は継続的で持続可能に-不透明感強まるも

  • 昨年のGDP伸び率は「かなり高い数字だ。決して低くはない」
  • 当面大切なのは経済成長の質や構造、効率性-王副主席

中国の王岐山国家副主席は23日、スイス・ダボスで開かれている世界経済フォーラム(WEF)年次総会で、同国経済が「著しい」成長を遂げており、腰折れすることはないと表明した。

  王副主席は財界首脳向けの基調演説を行った後の質疑応答で、「2019年は不透明感が強い見通しだが、確実なのは中国の経済成長が継続し、持続可能になることだ」と語った。

  21日に発表された昨年の同国国内総生産(GDP)が6.6%増と市場予想と一致し、1990年以来の低い伸びにとどまったことについては、「これはかなり高い数字だ。決して低くはない」と述べた。また成長のぺースに関して、中国共産党は「スピードは大事だが、当面本当に大切なのは経済成長の質や構造、効率性だということを国民に再認識させようとしている」と説明した。

原題:China Vice President Pledges Continued, Sustainable 2019 Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE