コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数7日ぶり低下-英離脱巡る楽観でポンド急伸

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨の大半に対して下落。ただ、下げ幅は若干縮小した。ポンドは上昇して一時、昨年11月8日以来の高値。英国が合意なしに欧州連合(EU)から離脱する可能性が低下したとの見方が背景にある。

  英議会では3月29日に設定された離脱交渉期限の延長を目指す動きが強まっている。ポンドはこうした中、200日移動平均線を昨年5月以降初めて上抜けした。ユーロも上昇したことから、ブルームバーグのドル指数は7営業日ぶりに低下した。

  中国の王岐山国家副主席はスイスのダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会で基調講演し、グローバル化を擁護した。一方、トランプ米大統領は中国との合意がまとまらない場合、中国製品に対する関税を引き上げるとあらためて警告した。

  円は主要通貨の全てに対して下落。日本銀行が市場の予想通り、金融政策決定会合で長短金利操作付き量的・質的緩和の枠組みによる政策運営方針の維持を決めた。

  ニューヨーク時間午後4時45分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下。ドルは対円では0.2%高の1ドル=109円59銭。ポンドはドルに対して0.9%高の1ポンド=1.3068ドル。ユーロはドルに対して0.2%高の1ユーロ=1.1381ドル。

欧州時間の取引

  ドルが主要通貨の大半に対して下落。ポンドは1.3000ドル近辺にある上値抵抗線を試す動きが見られた。

原題:Dollar Pares Losses as Six-Day Winning Streak Ends: Inside G-10(抜粋)
  Dollar Rally Loses Steam, Pound at Key Resistance: Inside G-10(抜粋)

(詳細を追加し相場を最新に更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE