コンテンツにスキップする

米J&J、内視鏡ロボット会社オーリスの買収目指す-関係者

ヘルスケア製品メーカー最大手の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、オーリス・ヘルスの買収を目指していると、事情を知る複数の関係者が語った。オーリスが持つロボット外科手術の最先端技術に着目した動きだ。

  関係者の1人によれば、オーリスは最新の資金調達ラウンドで企業価値を約20億ドル(約2200億円)と評価された。J&Jはこの評価額を上回る額での買収を目指していると、関係者らは述べている。非公開の情報だという理由で匿名を条件に取材に応じた。

  業界ベテランのフレッド・モール氏が率いるオーリス(株式非公開)は、ビデオゲームのコントローラーに似た装置で操作する内視鏡ロボットを開発した。患者の肺の中に入れ、がん性腫瘍の識別に使用できる製品だ。

  関係者によると、最終合意には達しておらず、オーリスの買収に確実につながる動きとはいえない。J&Jとオーリスの担当者はコメントを控えた。

原題:J&J Is Said to Mull Buying Robotic Surgery Firm Auris Health (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE