コンテンツにスキップする

米P&G:売上高が予想上回る、予測レンジの上限引き上げ-株価上昇

米日用品メーカー、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が発表した昨年10-12月(第2四半期)決算では、売上高が予想を上回った。同社は売上高予想レンジの上限を引き上げた。男性用身だしなみ用品は苦戦。同社が今年展開したジレットの広告は議論を呼んでいる。

  買収や為替の影響などを除いた本業ベースの売上高は4%増加した。アナリスト予想は2.7%増だった。

主な注目点

  • 決算は同社の改善計画が実を結んでいることを示唆。資産家のネルソン・ペルツ氏は取締役に就任する前、同計画を批判していた
  • アナリストは値上げで顧客が離れると懸念していたが、美容やヘルスケア、ホームケアの各事業ではそうならなかったもよう。値上げで本業の売り上げが1ポイント上がり、全体の出荷量も2ポイント増加した。ただ、ベビーケア部門は出荷量が減少
  • 決算は全般にアナリスト予想を上回った。本業の売上高予想レンジの上限を引き上げ、2019年度は2-4%増を見込む

原題:P&G Shares Jump as Turnaround Takes Hold in ‘Challenging’ Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE