コンテンツにスキップする

18年の負け組、一転して人気者-米社債市場でリスクに照らし有望

  • 発行需要の堅調もトリプルBクラス債への地合い変化鮮明に示す
  • 「クロスクレジット投資家はトリプルBを圧倒的に支持」

2018年の米社債市場ではトリプルB級格付けの銘柄が投資適格の中でパフォーマンス最悪だった。ところが今年は一転して、他の格付けを上回る好スタートを切った。

  投資適格の中で最も低い格付けであるトリプルB級社債の今月これまでの成績はプラス0.8%と、社債全体平均の0.5%を上回った。

  1月は発行市場での需要堅調も、米投資適格社債、特にトリプルBクラス債へのセンチメントの変化を鮮明にした。昨年終盤にクレジット市場を揺るがせたテールリスク懸念は行き過ぎていたという見方が強まりつつあるようだ。

BBB-rated U.S. debt outperforming in January

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)による1月の債券ファンドマネジャー調査で、今後1年のリスク調整後リターンについてトリプルBクラス社債が最も高くなると38%が予想した。昨年11月時点では20%だった。

  ハンス・ミケルソン氏らクレジットストラテジストはリポートで「クロスクレジット投資家はトリプルBを圧倒的に支持した」と書いている。グローバル・クロスアセット戦略責任者のジェームズ・バーティー氏もトリプルBクラスのロングポジションを同行の推奨取引に加えた。

relates to 18年の負け組、一転して人気者-米社債市場でリスクに照らし有望

原題:Dogs of the U.S. Corporate Debt Market Are Its Newest Darlings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE