コンテンツにスキップする

マクロヘッジファンドが閉鎖-業界不振でアトレウスが最新の犠牲者に

  • 18年の成績は11月まででマイナス4.5%、3年連続マイナス
  • 閉鎖ファンド数は18年まで3年続けて新規設定数を上回った

マクロ戦略のヘッジファンド、アトレウス・キャピタルが閉鎖を決めた。複数年にわたる業界の成績不振でまた1つのファンドが撤退する。

  アトレウスはニューヨークとロンドンのオフィスを閉鎖し、主要ファンドのアトレウス・マスター・ファンドの運用を停止する。ブルームバーグが投資家向け書簡を入手した。マクロ経済イベントと商品関連の投資を行う同ファンドの運用資産はピーク時には20億ドル(約2200億円)に達していた。別の資料によると、2018年の成績は11月まででマイナス4.5%と、3年連続のマイナスに向かっていた。

  創業者で最高投資責任者(CIO)のトッド・エドガー氏は書簡で「ここしばらくで最良の環境になったと実際に感じている今、閉鎖を決めるというの少なからず皮肉なことだ」とコメントした。

  相場乱高下と地政学的リスクが運用者を惑わす中で、昨年は多くのヘッジファンドが閉鎖。ユーリカヘッジによれば、閉鎖ファンド数が新規設定数を3年続けて上回った。

  アトレウスの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Macro Hedge Fund Atreaus to Shut After Raising $2 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE