コンテンツにスキップする

ダボス会議参加者:世界経済成長は鈍化でも景気後退入りなし

  • ブラックロック副会長らリセッション入り回避と予測
  • IMFの世界経済見通しも同様の楽観的見方示す

スイス・ダボスで開かれている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に参加した投資家やバンカ-、元政策当局者は世界経済について、成長が鈍化しているが、リセッション(景気後退)入りするほどではないとみている。

  ブラックロックのフィリップ・ヒルデブランド副会長は「ペースは鈍化しているものの、なお成長している」と発言。「大きな過ちや偶然の出来事がない限り、年内のリセッション入りの確率は限定的だ」と指摘した。

  米中両国の経済が悪化して政策当局者が制御できなくなったり、米中貿易戦争が再開するのではないかとの懸念が強まる中、S&P500種株価指数が22日に1.4%下落するなど、金融市場の動揺が数カ月間続いている。さらに、英国の欧州連合(EU)離脱問題や、米政府機関閉鎖などが投資家の不安を増幅させている。

  世界経済はリセッション入りするほど悪くないとするダボス会議参加者の楽観的見方は、21日に発表された国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し(WEO)でも見られた。今年の世界成長率予想は3.5%と、2016年以来の低い伸びとする一方で、米中両国の19年の成長率見通しは据え置き、20年の世界経済成長率は若干加速すると予測した。

  IMFのラガルド専務理事は「結論を言えば、世界経済は2年間力強い成長を続けた後、予想以上に鈍化し、リスクが高まっている」とし、「これは世界的なリセッションが迫っていることを意味しているだろうか。答えは『ノー』だ」と語った。

  JPモルガン・チェース・インターナショナルのジェイコブ・フレンケル副会長は「私はこれを成長鈍化とも呼ぶつもりはない」と発言。「成長鈍化の場合は必ず『何てことだ。またもやリセッションに入りそうだ』という感じがあるが、現在はそうではない」と説明した。

原題:Global Recession Not Seen in Davos Even as World Economy Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE