コンテンツにスキップする

岡三マンのツイッターが再び制限、市場には困惑の「なぜ?」

更新日時

「岡三マン」のツイッターアカウントが再び制限され、市場の関心を集めている。「不審な行為が確認されている」として、23日に一時的な制限がかかった後、24日早朝には通常表示されていたが、午前11時10分現在、投稿を表示するかどうか尋ねるメッセージが再び表示され、一時的な制限を受けていることが確認される。

  三木証券投資情報部の北澤淳課長代理は、ブルームバーグの電話取材に対して「岡三マンのツイッターは情報が速く出てくるので、ネット中心の短期投資家は注目している」とした上で、「情報を伝える替わりのサイトはあるものの、人気があるだけになぜ制限されたか関心を集めやすい」と応えた。

  ツイッターは、あるアカウントが過剰な数の「いいね」やリツイートをするとルール違反と見なし、一定期間アカウント機能を制限するメッセージを表示することがある。同社の広報担当者に問い合わせてみたが、「セキュリティー上の理由で、個別の案件についてはコメントできない」との返答を得られただけだ。

Twitter User Okasanman Attracts Swarm of Japan Traders

  

    

  岡三マンは、企業やテロ、災害まで、株価に影響を与えるニュースをつぶやく。ニュースに反応したつぶやきが速いことから、株取引の情報ツールとしてソーシャルメディアが浸透するなかでも、独特の存在感を放つ発信者だ。現在は、同氏のツイッターを表示しても、最初に一時的な制限がかかった23日以前の投稿しか確認できない。22万を超えるフォロワー数を誇るだけに人々の関心は高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE