コンテンツにスキップする

ポンペオ米国務長官、20年にカンザス州から上院選出馬検討-関係者

  • マコネル共和党上院院内総務らと出馬の可能性を協議したと関係者
  • ポンペオ氏は「国務長官として大統領に仕えることに専念」と国務省

ポンペオ米国務長官は2020年の上院議員選挙にカンザス州から出馬することを検討していると、同氏の考えをよく知る関係者1人が明らかにした。同州選出のパット・ロバーツ上院議員(共和)は再選を目指さないと表明している。

  ポンペオ氏が出馬の可能性を公にしていないことを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、同氏は最近、共和党の政治ストラテジストであるワード・ベーカー氏と会ったほか、マコネル米共和党上院院内総務と電話で協議した。

Pompeo Gives Arabs a Dose of Trump Cynicism: Bobby Ghosh

ポンペオ米国務長官

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  米国務省のパラディーノ副報道官はポンペオ氏の計画に関する質問に対し、同氏が「国務長官として大統領に仕え、国民を守ることに専念している」と説明。マコネル氏の広報担当とベーカー氏のオフィスに電子メールでコメントを求めたが、今のところ返答はない。ポンペオ氏の上院選出馬の可能性については、政治ニュースサイトのポリティコが先に報じていた。

原題:Pompeo Said to Weigh a Run for Senate Seat From Kansas in 2020(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE