コンテンツにスキップする

資産家ポールソン氏、ヘッジファンドをファミリーオフィスに転換も

  • 2年以内に決断を下す、ハイブリッドビジネスの可能性も
  • 運用資産は2011年のピーク時から約4分の1に縮小

資産家のジョン・ポールソン氏は自身が運用するヘッジファンドを、自身の資産運用だけを行う会社に転換する可能性があると初めて公に述べた。著名投資家によるこうした動きが相次いでいる。

  ポールソン氏(63)は向こう2年に恐らく決断を下すと明らかにした。自分の資産を運用する部門と、パートナーらと利益共有の取り決めを結んで顧客資金を運用する部門から成るハイブリッドビジネスを運営する可能性があるという。同氏は21日に公開されたポッドキャストのインタビューで発言。

  同氏のヘッジファンド運用会社ポールソンの運用資産規模は昨年11月初め時点で約87億ドル(約9500億円)。そのうち75-80%が自身の資金だと、ポールソン氏は話した。

  ポールソン氏が不振にあえぐ自身のヘッジファンドをたたんで、自分の資産だけを運用するとの観測はここ数年広がっていた。ポールソンの運用資産は2011年のピーク時(380億ドル)から減少。戦略の失敗や顧客の資金引き揚げが背景にある。約10年前に米住宅市場の下落に賭ける投資で成功し、富と名声をつかんだ同氏は昨年、一部ファンドの資金を投資家に返還したほか、シニアトレーダーらを削減した。ポールソン氏に近い複数の関係者は当時、同氏にはファミリーオフィスの計画はなく、むしろ合併・買収(M&A)アービトラージ戦略に再び集中する方向だと話していた。

原題:Paulson May Leave Hedge Funds Behind to Start Family Office (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE