コンテンツにスキップする

米上院:共和、民主の各予算案を24日に採決-通過は不透明

更新日時
  • 政府機関閉鎖解除に道筋をつけようとする試みは2週間ぶり
  • 共和案は大統領案に沿っており、民主案は2月8日までのつなぎ予算

米議会の上院指導部は22日、政府機関閉鎖解除に向け共和、民主それぞれの予算案を24日に採決することで合意した。ただ、いずれの案も通過するかどうかは不透明だ。

  共和党案はトランプ大統領の19日の提案に沿ったもので、国境の壁建設費57億ドル(約6250億円)が含まれる。一方、民主党案は2月8日までの政府資金を手当てする。

  2つの予算案を採決する方針は、マコネル共和党上院院内総務とシューマー民主党上院院内総務が上院本会議場で発表。2週間前にホワイトハウスでの超党派協議が物別れに終わって以降、政府閉鎖解除に道筋をつけようとする最初の試みとなる。

  トランプ大統領は十分な壁建設予算を盛り込まない予算案には拒否権を行使すると警告している。民主党は共和党案を阻止できる票数を確保する可能性が高いが、民主党案の採決に必要な動議の可決には、民主党議員全員と共和党議員13人が賛成票を投じる必要がある。

原題:McConnell to Allow Votes on Competing Bills to End Shutdown (2)(抜粋)

(予算案の内容などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE