コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、一般教書演説を29日実施の意向-延期要請でも

  • ペロシ下院議長は政府機関閉鎖を理由に大統領に延期を要請していた
  • トランプ大統領は演説に先立ち下院本会議場でのリハーサルを要請

トランプ米大統領は一般教書演説を1月29日に行うため下院本会議場でのリハーサルを要請し、演説を予定通り実施する考えを示唆した。

  ホワイトハウスのサンダース報道官によれば、要請は下院関係者に対して行われた。週末にホワイトハウスから書簡で要請を受けた関係先の一つである下院守衛長は、ペロシ下院議長の反応を待っており、下院は演説開催に向けた決議を可決する必要がありそうだ。過去にこうした決議が議論を引き起こしたケースはない。

   ペロシ議長は先週、政府機関の一部閉鎖による警備上の懸念を理由に延期を提案。これに対し、トランプ大統領はペロシ議長に、アフガニスタン駐留米軍訪問のための軍用機の使用を認めない措置を取っていたが、今回の要請で大統領と下院議長との対立がさらにエスカレートし、政府機関の閉鎖解除に向けた道筋を探ることは一段と難しい状況となっている。

原題:Trump Presses Ahead on State of Union After Suggestion to Delay(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE